弔電にもマナーがあります。
例えば、葬儀の時間ぎりぎりに送られて来ても、葬儀を仕切っている方々には大変な迷惑なことなのです。
亡くなられた方の関係とか、弔文を読む必要のあるものなのかなどの準備がいるのです。
そんなことから最低でも葬儀の時間の3時間以上前に届くように手配したいものです。
また送られる弔電には、差し出し人と故人の方の関係が判るようにしたいものと思います。
弔文を自分で考えるのも良いのですが、使ってはいけない言葉があります。
不幸が繰り返すと言うことから、繰り返す言葉が嫌われています。
このような小さな心遣いが必要になって来る弔電です。
ただ送ることが良い訳ではありませんので、送る際には注意も必要です。