臨床研修医とは、医師が医療に関する事全てを病院で、研修する人をいいます。
医師免許を国家試験で取得し、正式に採用される前に医療現場で見習いとして、研修をするのです。
医師の臨床研修は、2004年四月に法律として義務化しました。
見習い期間は2年で、この2年の間で大学病院や、臨床研修を指定している病院で経験を積み上げていきます。
特定された7つの分野内科、外科、小児科などを1ヶ月かけて研修するのです。
これまでは、医師免許を取得した人に対して、この臨床研修は努力義務となっていました。
しかし、この研修医の期間は生活するには、十分な報酬はなくアルバイトをして生活する人が多く、その為この2年間の間に辞めてしまう問題もおきました。
しかし、厚生労働省はこういった問題に対し早急に、改善をこころみます。
それが研修医を受け入れた病院に対し、研修医一人にたいして年間で200万ぐらいの補助金を出す計画を発表しました。
内容は研修医手当の他、研修費用等に使われているのです。
今東京医科大学整形外科では、臨床研修医を募集し始めました。
前まではキツイ仕事だったかもれませんが、改善されたことにより働きやすくなりましたね。
この研修医の人達が、将来色々な病気と戦って、人々を助けてくれる事を見てみたいです。