歯を失ってしまったとき、強い味方になってくれるのがインプラントです。
可児市で治療したいと考えているのなら、ただこし歯科クリニックに連絡をしてみましょう。
ただこし歯科クリニックは、検査の仕方がとても丁寧なのに早いです。
それはCTを院内に設置しているからでしょう。
普通のレントゲンというのは、平面でしか写すことしかできません。
しかしCTであれば、撮影された画像は3Dとして表示されるので、歯の現状を把握しやすいのです。
顎の骨の形や硬さなどもわかります。
その上、どの位置に神経があって、距離はどのくらいあるのかもわかりますよ。
1次手術ではまず、インプラントを埋め込むための準備からはじめます。
つまり骨に穴をあけるのです。
そして埋め込み、キャップを取り付けます。
切った歯肉は自然とくっつき、埋め込んだものと骨は下顎ならば3ヶ月、上顎ならば3ヶ月から6ヶ月ほどで結合しますね。
2次手術では埋め込んだ部分の上部の歯肉を切り、本体を露出させます。
歯肉が治癒すれば、アバットメントと呼ばれる支台装置を取り付け、仮歯を装着しますよ。
人工歯冠が完成したら、いよいよ装着し、完了です。
治療中も後も医療スタッフが全力でサポートしてくれるので、安心して任せられるといえるでしょう。
岐阜、可児市、土岐市、多治見市のインプラント|ただこし歯科クリニック