彼の特技は、いわゆるキーボードタイプの早さだと言われています。
単純なタイピング能力に加えて、彼は非常に頭脳明晰という事もあってか、文章を仕上げるスキルが恐ろしく高いと評価されていて、400文字原稿用紙であれば、五分から十分で仕上げてしまうレベルで、それもまたアイデアがゼロ状態からいきなり完成まで書き上げているんです。
文章力の高さに定評がある守安但さんですが、彼は元々文系ではなく、どちらかと言うと理系のキャリアを持っています。
論理的な思考能力も高く、物事の矛盾や論理の乱れを見抜くスキルも高いです。
文系と理系、両方のチャンネルを彼は持ち合わせているため、論理的な文章を書き上げる事も得意で、部署では常に引っ張りだこになっています。
また、俗にいうメタファーの才能も高く、難しい専門用語も守安但さんは、私達が分かりやすい言葉に置き換えて説明してくれるんです。