度々ニュースなどを賑わしているオンラインカジノがどのようなものなのかというと、定義的には国外で開設されたインターネットサイトに、国内の自宅やネットカフェなどアクセスして賭博行為を行う事になります。他の賭博と違って、なぜここまで問題になっているのかというと、賭博開帳の仕組みの立証がとても難しく賭博罪での摘発が難しいのに、被害額が被害者数の数が非常に大きくなってしまっているからです。

基本的には、賭博行為を行なったインターネットサイトが利用しているサーバーが国内ではなく海外サーバーの上であったとしても、国内で賭博行為が行われた場合には、刑法185条の賭博罪が成立してしまいます。もちろん賭博場開張行為罪の一部が国内で行われたことがわかった場合には、186条2項の賭博場開張図利罪が成立します。インターネット上で形がない場合でも、2017年の5月時点では、オンラインカジノも法律上で見れば犯罪なのです。

しかし、電子空間での賭博場は賭博場に当たらないという判決が下された福岡地裁の例などもありオンラインカジノを巡る法律は揺れに揺れております。これからどのようになるのかを理解する為には、カジノ大学でカジノの本質を勉強してみてください。

参考サイトはコチラから