交通事故を警察に届けると、見分が行われて事件性なしとされればその後の解決については当事者間での話し合いに委ねられます。
当事者どうしが和解のために方法を話し合うのが示談交渉です。
示談交渉では最終的に加害者が被害者にいくら賠償金を支払うかを決定し、金額がまとまり合意に至ったら事故は解決となります。
この、加害者から被害者に支払われる賠償金が示談金です。
示談交渉は事故の当事者間の交渉ですが、実際には被害者対相手の保険会社での交渉です。
というのは、ほとんどの自動車任意保険には交通事故を起こして加害者になってしまった時に備え示談代行特約が付いているからです。
加害者はこの特約を使い、保険会社に味方になってもらうということです。
また保険会社は、加害者から被害者への賠償金を代わりに支払うという立場に立っています。
ですから、賠償金の額はできるだけ抑えたいところです。
そのため、被害者対保険会社の交渉では、保険会社からは安く見積もった賠償金を提示されることがありますから慎重に進める必要があります。
保険会社は安い示談金で早期合意に持ち込む傾向もありますから、相手のペースに巻き込まれないよう注意が必要です。
弁護士の中には交通事故専門の弁護士がいて、示談交渉を行う被害者をサポートしています。
保険会社から胎児される示談金も、弁護士に相談していれば適確に見きわめて正当な金額で再交渉してもらえます。http://baishoukin.com/