現在は日本は不況です。
そして各企業において不況の影響で業績は決して良くないでしょう。
現在は大手の上場企業ですら大赤字が出る状況です。
このような状況では、各企業において一つたりとも無駄をしたくないというのが一致した思いでしょう。
そこで無駄を廃除するということでまず考えられるのは経費削減でしょう。
例えば人件費においても必要最低限の人だけ置くことにより、人件費を従来より少なくします。
また業務に関するさまざまな備品も考えられるだけの一番安いものにするでしょう。
また各事業所も必要な数だけにして、またより安い物件に移るなどして経費削減を図るでしょう。
経費削減は現在の不況の中においては必要不可欠であると言えます。