歯列矯正と健康増進

Big Image数年前までは、抜歯をしてから歯列矯正をするという治療方法がかなり当たり前に行われてきました。おそらく、何年も前に歯列矯正を行った人などに話を聞くと、何本か健康な歯を抜かれてしまったというような経験談を耳にすることも多いでしょう。ですが、実際は歯科医師であっても患者さんであっても、健康な歯を抜きたいと思っている人などいません。
実は、歯列矯正をするときに健康な歯を抜くべきかそうでないかについては、今でも多くの歯科医師で意見が分かれる項目んです。現在でも意固地に「抜いて行う歯列矯正」という方法にこだわり続けている医師もかなりみられるようです。ですが、成人になってから歯列矯正を行う人も増えてきている昨今において、それまで生活をしてきた歯を抜いてしまうことにより、体のバランスが崩れてつらい体調不良が引き起こされてきてしまったという例が多く聞かれるようになってきました。
抜歯を伴わない歯列矯正という方法は、どちらかというと成人してから矯正治療を行う人のために考えだされた治療方法です。歯列矯正をするためには絶対に抜歯は必要と考える歯科医師は「抜歯をしないで矯正治療をすると、前歯が出っ歯になってしまいます」と説明をして脅かす人もいます。しかしこれは担当する技師の腕次第で、適切に抜歯なしの歯列矯正治療を行えば、失敗例となることはまずほとんどありません。
歯列矯正は担当医師への信頼感が大切になるので、疑問点は積極的に説明を受けるようにしましょう。