矯正治療の成功・失敗の分かれ道

Big Image矯正治療は虫歯治療に比べてかなり治療にかかる期間が長く、また高額の費用がかかります。そのため、もし歯列矯正治療の途中で何らかのトラブルが起き、他のクリニックに転医したいと思っても、なかなかうまくいきません。歯科医師と患者さんの人間関係に問題が発生してしまったときなどは難しく、クリニック選びに失敗してしまったことで大きな後悔を感じてしまっている人もかなりの数見られます。
矯正治療を行ったあと、結果に満足できるかどうかの分かれ道はズバリ「その歯列矯正治療の前に、治療方法や費用などについて充分に納得してから治療が開始されているか」という点です。歯科以外でも治療の前にこれから行う治療について患者さんが納得するまで丁寧に説明し、同意してから行うことを「インフォームド・コンセント」といいますが、これがあったかどうかによって治療後に聞かれる感想が大きく違ってきます。
しかし、数ある歯科医院の中から自分にあった歯科医師を見つけるのはなかなか簡単なことではありません。そこでおすすめしたいのが、矯正治療を考えるときには面倒がらず、3つくらいの歯科医院で治療相談を受けてみるという方法です。いくつかの歯科医院で話を聞いてみると、その担当医師によって治療方針や考え方がかなり違うということがわかってきます。
良い歯科医師とは、患者さんの話をちゃんと聞いて対応をしてくれるところです。施設の利便性やスタッフの態度など、多面的なポイントを見て選びましょう。